お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

ポイント

生活(自宅か事業用)に必須な土地。継続的な利用が要件。面積や割合が決まってる。

 

  1. A.居住用、事業用、特定同族会社事業用と貸付用の4種類があります。
    基本的には、生前と同じ用途で使い続けていくことが要件です。
  2. 解説

種類

居住用、事業用、特定同族会社事業用貸付用の4種類があり、それぞれ適用できる面積や割合、要件が異なります。

面積:事業用、特定同族会社事業用→400㎡、居住用→330㎡、貸付用→200㎡

割合:事業用、特定同族会社事業用、居住用→80%、貸付用→50%

要件

これだけで本一冊以上のボリュームがあるくらい複雑です。

そのため基本だけ覚えておくと良いと思います・

  • ①居住用で、配偶者なら無条件でOK。その他は②
  • ②申告期限まで持ってる(売らない)and申告期限まで同じ用途に使うand(事業用、貸付用、特定同族会社事業用の場合)亡くなるギリギリに事業用にしない

※2019/7/31現在情報



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。