Pisionとは

理念に共感した税理士が集まる合同会計事務所です。
真のパートナーとなり、お客様の経営と発展、幸せをサポートすることを第一に考えています。
  • 中小企業の
    パートナー

    中小企業のパートナーに本当に必要な責任と使命感。Pisionの担当者は独立した税理士を中心とし、お客様と未来を描くことを大切にしています。
  • 効率化による
    価値創造

    Pisionではお客様にとって有用な技術やツールを積極的に採用します。クラウド会計、Chatwork、Googleドライブを中心に活用しています。
  • 次世代の
    経営者・税理士

    この10年前後の大事業承継時代、次世代の経営者と伴走が出来る税理士でありたいと考えています。そして、更に次の世代を育成したいと考えています。
私たちの考えへ Pisionの理念とは

ご提供するサービス

Pisionでは、これらの会計や税金に関する業務を独立した税理士が責任を持って担当します。
お客様のお悩みやご相談に親身になることを心がけています。
  • 記帳代行、
    帳簿チェック
  • 税務相談、各種相談
  • ご面談
  • 決算・申告作業、
    税務調査立会い
  • その他付随業務
  • 各種資料作成

サービスと契約へ

相続でお悩みの方へ

Pisionでは、相続に関しても親身にご相談に乗ることを第一としています。
具体的には相続税の申告はもちろん、事前のシミュレーション、節税のための提案や税務調査の対応まで行います。
このようなお悩み、ご心配がある方はお気軽にお問い合わせください。
  • 相続税が
    かかるのかどうか
    わからない
  • まずは税理士に
    色々聞いてみたい
  • 子供たちに
    できるだけ財産を
    残したい
  • 税金がいくらに
    なるのか不安

相続について

代表的な報酬例

ここでは代表的な報酬例を記載いたしますが、お客様の業種、規模、提供サービス、業務量などによって変動するため、
お問合せ後の面談で詳細にご相談ください。
  • 年商1億円
  • 月に1度訪問
  • 自計化している帳簿のレビュー(200件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約100万円
(一月当たり約8.5万円)
  • 年商3,000万円、従業員10名以下
  • 月に1度当社へ来所
  • 記帳代行(100件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約60万円
(一月当たり約5万円)

報酬についてへ

メンバー

代表税理士
濱 慎一
税理士
押味 成広

メッセージへ

お客様の声

  • 株式会社O社様
    商社/税理士変更/世代交代 2019/10

    Pisionの印象はどうですか?

    相談しやすく、回答が早く、 フットワークが軽いです。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    複雑かつ頻繁に法改正が行われる税務問題に対し、迅速かつ適切に 対応いただき、加えて経営に役立つ情報を含めたコンサルテイング的な役割もお願いしています。

  • 株式会社I社様
    海外人材紹介業/起業/国際税務 2019/10

    Pisionの印象はどうですか?

    親切、丁寧、迅速対応で非常に助かります。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    起業したばかりで分からない事など理解しやすく色々教えて頂いてます。

    Pisionの悪かったところは?

    ないですね。笑

  • A協会様
    事務運営支援

    Pisionの印象はどうですか?

    押味先生は、とにかく真面目で一生懸命。信頼できる方です。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    勉強家で、こちらがお聞きする質問に全力で取り組んで下さいます。急なお願いにも快くご対応いただき本当に助かっています。

お客様の声へ

税コラム・Q&A

  • コラム・Q&A
    節税特例・補助金
    この度の台風19号による被害に遭われた地域・世帯の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。 経済産業省では被災中小企業・小規模企業対策を実施しています。 ◆特別相談窓口の設置 今回の台風で災害救助法が適用された市区町村において、災害の影響により売上高等が減少している中小企業・小規模事業者を対象に、 信用保証協会のセーフティネット保証4号を適用します。 ※セーフティネット保証4号とは ①自然災害など突発的な事由により経営の安定に支障が生じている中小事業者へ資金供給を円滑にするため、 信用保証協会が通常の保証とは別枠で100%保証を行う制度 ②災
  • コラム・Q&A
    プラスチック廃棄物が海に流れ、汚染が問題となっています。 これを受けて、G20大阪サミットでは「2050年に新たな汚染ゼロ」という目標が掲げられました。 世界で初めて、海洋プラごみの削減に関する数値目標が掲げられました。 世界でプラごみへの対策が進んでいるのはEU(欧州連合)です。 欧州委員会がストローをはじめとする使い捨てプラスチック製品を禁止するルールをEU加盟国に提案しています。 これを受けて、フランスや英国などが法整備を進めました。 米国でも活動が始まっています。 マクドナルドがプラスチック製のストローを廃止して、紙製のもので代用すると決めました。 日本のマクドナルドは
  • コラム・Q&A
    海洋プラスチックごみ(以下海洋プラごみ)による汚染問題が関心を集めていいます。 プラスチックの廃棄物には、レジ袋やペットボトル、マネキン、建設資材など、様々な種類があります。 海洋プラごみとは、プラスチック廃棄物の中で、海に流れ込んだものを指します。 本来ならば、プラごみは決められた手順に従い適切に処理されるはずですが、中には使い捨てにされ、 河川などを通じて海洋に流出しているものがあります。 世界中で、プラスチックの廃棄物は年間約3億トンと推定されますが、その中の900万トンが海に流れ込んでいるといわれています。 海洋プラごみは海洋生物や地球環境へ深刻な影響を及ぼすと懸念されてい
税コラム・Q&Aへ