Pisionとは

理念に共感した税理士が集まる合同会計事務所です。
真のパートナーとなり、お客様の経営と発展、幸せをサポートすることを第一に考えています。
  • 中小企業の
    パートナー

    中小企業のパートナーに本当に必要な責任と使命感。Pisionの担当者は独立した税理士を中心とし、お客様と未来を描くことを大切にしています。
  • 効率化による
    価値創造

    Pisionではお客様にとって有用な技術やツールを積極的に採用します。クラウド会計、Chatwork、Googleドライブを中心に活用しています。
  • 次世代の
    経営者・税理士

    この10年前後の大事業承継時代、次世代の経営者と伴走が出来る税理士でありたいと考えています。そして、更に次の世代を育成したいと考えています。
私たちの考えへ Pisionの理念とは

ご提供するサービス

Pisionでは、これらの会計や税金に関する業務を独立した税理士が責任を持って担当します。
お客様のお悩みやご相談に親身になることを心がけています。
  • 記帳代行、
    帳簿チェック
  • 税務相談、各種相談
  • ご面談
  • 決算・申告作業、
    税務調査立会い
  • その他付随業務
  • 各種資料作成

サービスと契約へ

相続でお悩みの方へ

Pisionでは、相続に関しても親身にご相談に乗ることを第一としています。
具体的には相続税の申告はもちろん、事前のシミュレーション、節税のための提案や税務調査の対応まで行います。
このようなお悩み、ご心配がある方はお気軽にお問い合わせください。
  • 相続税が
    かかるのかどうか
    わからない
  • まずは税理士に
    色々聞いてみたい
  • 子供たちに
    できるだけ財産を
    残したい
  • 税金がいくらに
    なるのか不安

相続について

代表的な報酬例

ここでは代表的な報酬例を記載いたしますが、お客様の業種、規模、提供サービス、業務量などによって変動するため、
お問合せ後の面談で詳細にご相談ください。
  • 年商1億円
  • 月に1度訪問
  • 自計化している帳簿のレビュー(200件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約100万円
(一月当たり約8.5万円)
  • 年商3,000万円、従業員10名以下
  • 月に1度当社へ来所
  • 記帳代行(100件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約60万円
(一月当たり約5万円)

報酬についてへ

メンバー

代表税理士
濱 慎一
税理士
押味 成広

メッセージへ

お客様の声

  • G合同会社様
    不動産業/30代/税理士変更 2020/1-23区-

    Pisionの印象はどうですか?

    最初の印象は、若く爽やかな印象でした。 立ち上げてすぐからの依頼でしたが、今後の流れや動きも分かりやすかっです。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    親身に相談にのっていただき、不安な点等も都度解消出来るのですごく助かっています。 またレスポンスが早いのも凄く助かります。 ありがとうございます。

    Pisionの悪かったところは?

    少し料金が高い気がしますが、業務量、レスポンス等を考慮すると納得出来る金額です。

  • 株式会社Z社様
    総合内装業/30代/税理士変更 2019/11-神奈川県平塚市-

    Pisionの印象はどうですか?

    一緒に親密に会社のことを考えてくれる税理士さん

    Pisionの良かったところはどこですか?

    話しやすいです。ちょっと厳しいところもいい具合に気が引き締まります。

    Pisionの悪かったところは?

    本店が神奈川のため五反田だと少し遠いです。ただ、別の場所での打ち合わせにも応じてくれるので助かります。

お客様の声へ

税コラム・Q&A

  • コラム・Q&A
    ◆新卒の採用活動は3月スタート 文部科学省の『2019年度の採用活動に関する調査(速報版)』によると、中小企業の採用の広報活動開始時期は3月が最も多く、 選考開始についても3月が最多、次に4月、6月と分散しているという結果が出ました。 6月以降に選考を開始しているのは、大企業も含めて企業全体のおよそ3割、つまり7割の企業は5月以前に選考を開始し、 その数は昨年よりも増加しています。 経団連の指針廃止にともない、スケジュールについては政府主導となっていますが、今年も3月スタートに向けて準備を進めている企業が多いのではないでしょうか。 ◆採用活動準備のポイント 準備段階では、これまで
  • 消費税
    調査・不正・犯罪
    法人に対する平成30年度の消費税調査の件数は9万5千件で、3年連続で増加したことが、国税庁が11月に公表した資料で明らかになりました。 前年度比1.4%増。 27年度からの3年で約5千件増加しました。 ただ、ピーク時と比べると大幅に減っていて、最多だった7年度の17万件と比べると、30年度の調査件数9万5千件はその6割未満になっています。 調査件数はピーク時から大きく減少している一方、調査による追徴税額は800億円で、過去最高となりました。 28年度の785億円、29年度の748億円をあわせた直近3年だけが700億円超となっています。 追徴税額が増額傾向にあるのは、過去と比べて消費
  • 相続・不動産
    税制改正・法改正
    登記簿情報からは誰のものか分からない「所有者不明土地」について、 その土地で居住や商売をしている「使用者」に固定資産税を課税するという制度が2020年度税制改正大綱に盛り込まれました。 土地には固定資産税がかかります。 しかし所有者が分からなければ課税できないのが現行制度で、「税制が歪んでいる」(国税庁幹部)などと批判する声が出ていました。 このため、固定資産税を課す対象を、登記簿上の土地や家屋の所有者から使用者へと切り替えることを認めることとなったわけです。 新制度では調査を尽くしても所有者が特定できない土地に限定して、使用者に課税できるようになります。 自然災害などで所有者が行
税コラム・Q&Aへ