Pisionとは

理念に共感した税理士が集まる合同会計事務所です。
真のパートナーとなり、お客様の経営と発展、幸せをサポートすることを第一に考えています。
  • 中小企業の
    パートナー

    中小企業のパートナーに本当に必要な責任と使命感。Pisionの担当者は独立した税理士を中心とし、お客様と未来を描くことを大切にしています。
  • 効率化による
    価値創造

    Pisionではお客様にとって有用な技術やツールを積極的に採用します。クラウド会計、Chatwork、Googleドライブを中心に活用しています。
  • 次世代の
    経営者・税理士

    この10年前後の大事業承継時代、次世代の経営者と伴走が出来る税理士でありたいと考えています。そして、更に次の世代を育成したいと考えています。
私たちの考えへ Pisionの理念とは

ご提供するサービス

Pisionでは、これらの会計や税金に関する業務を独立した税理士が責任を持って担当します。
お客様のお悩みやご相談に親身になることを心がけています。
  • 記帳代行、
    帳簿チェック
  • 税務相談、各種相談
  • ご面談
  • 決算・申告作業、
    税務調査立会い
  • その他付随業務
  • 各種資料作成

サービスと契約へ

相続でお悩みの方へ

Pisionでは、相続に関しても親身にご相談に乗ることを第一としています。
具体的には相続税の申告はもちろん、事前のシミュレーション、節税のための提案や税務調査の対応まで行います。
このようなお悩み、ご心配がある方はお気軽にお問い合わせください。
  • 相続税が
    かかるのかどうか
    わからない
  • まずは税理士に
    色々聞いてみたい
  • 子供たちに
    できるだけ財産を
    残したい
  • 税金がいくらに
    なるのか不安

相続について

代表的な報酬例

ここでは代表的な報酬例を記載いたしますが、お客様の業種、規模、提供サービス、業務量などによって変動するため、
お問合せ後の面談で詳細にご相談ください。
  • 年商1億円
  • 月に1度訪問
  • 自計化している帳簿のレビュー(200件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約100万円
(一月当たり約8.5万円)
  • 年商3,000万円、従業員10名以下
  • 月に1度当社へ来所
  • 記帳代行(100件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約60万円
(一月当たり約5万円)

報酬についてへ

メンバー

代表税理士
濱 慎一
税理士
押味 成広

メッセージへ

お客様の声

  • 合同会社R社様
    障碍者支援/50代/会社設立 2020/5-東京都市部-

    Pisionの印象はどうですか?

    印象は若くて、勢いの有る会社。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    良いところは親身になって相談に乗って頂けるところです! 今後とも宜しくお願い致します🙏

  • 株式会社D社様
    漫画家、イラストレーター/30代/税理士変更 2020/5-東京都市部-

    Pisionの印象はどうですか?

    若くて柔軟で親しみやすい。弊社は前の税理士から変更して、Pisionに業務をお任せことになりました。 新しい税制に詳しく、経費の取り扱いも上手、経営者目線に立った提案をして頂けるのでPisionに変えて本当に良かったです。 良い意味で若い会社だと思いました。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    会社側に立って、会社の利益になる仕事をしてくれるところ。 昨年、税務調査を受けました。 業務内容の説明や経費の用途を一緒に説明して頂いて、無事追加徴税も無く終えることが出来ました。本当に助かりました。

お客様の声へ

税コラム・Q&A

  • 税制改正・法改正
    節税特例・補助金
    新型コロナウイルス対策を盛り込んだ2020年度2次補正予算が国会で可決・成立しました。 安倍首相は「100兆円規模の予算」とうたいますが、その数字は金融機関や民間による支出も含むもので、 実際の予算は一般会計歳出総額31兆9114億円となります。 もちろんそれでも異例の規模であることに間違いありません。 中小企業にとって2次補正予算の最大のトピックは、 雇用調整助成金の上限額の引き上げでしょう。 中小企業支援の柱でありながら、これまで利用が伸び悩んできた同助成金につき、 従業員1人1日当たり8330円となっていた上限を、一気に1.8倍の1万5千円まで引き上げました。 また企業が
  • コラム・Q&A
    政府は、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)と個人の預貯金口座のひも付けを巡り、 1人1口座のひも付けを義務化する検討に入りました。 給付の迅速化や行政事務の効率化が狙い。 当初は全口座のひも付け義務化を目指していましたが、資産状況全体を行政に把握されることに対する国民の根強い懸念に配慮した形です。来年の通常国会で関連法の改正を目指します。 高市早苗総務相は6月の閣議後の記者会見で 「一生モノの1口座のみ登録してもらう制度に発展できれば、 (利用者の申請によらない)プッシュ型の迅速な給付や行政コストの削減に資する」と強調。 さらに、自身が両親を亡くした際の経験や、災害で
  • コラム・Q&A
    新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、スポーツジムや旅行業など、多くの企業が苦境に立たされています。 なかでも、大きな打撃を受けているのは飲食業です。 休業要請や外出自粛により、売上が大幅に減少している店が多くあります。 休業要請は解除の方向にあり、営業時間を元に戻す動きもあります。 が、「3密」の回避やソーシャルディスタンスの確保により、席数を減らすといった対処が求められ、経営を圧迫しています。 その中、テイクアウトやデリバリーといった新たな販路を開拓し、活路を見出そうとする店もあります。 ただ、スナックなどに通う顧客はお酒や料理だけでなく、 店に足を運ぶことで店員や他の客との
税コラム・Q&Aへ