Pisionとは

理念に共感した税理士が集まる合同会計事務所です。
真のパートナーとなり、お客様の経営と発展、幸せをサポートすることを第一に考えています。
  • 中小企業の
    パートナー

    中小企業のパートナーに本当に必要な責任と使命感。Pisionの担当者は独立した税理士を中心とし、お客様と未来を描くことを大切にしています。
  • 効率化による
    価値創造

    Pisionではお客様にとって有用な技術やツールを積極的に採用します。クラウド会計、Chatwork、Googleドライブを中心に活用しています。
  • 次世代の
    経営者・税理士

    この10年前後の大事業承継時代、次世代の経営者と伴走が出来る税理士でありたいと考えています。そして、更に次の世代を育成したいと考えています。
私たちの考えへ Pisionの理念とは

ご提供するサービス

Pisionでは、これらの会計や税金に関する業務を独立した税理士が責任を持って担当します。
お客様のお悩みやご相談に親身になることを心がけています。
  • 記帳代行、
    帳簿チェック
  • 税務相談、各種相談
  • ご面談
  • 決算・申告作業、
    税務調査立会い
  • その他付随業務
  • 各種資料作成

サービスと契約へ

相続でお悩みの方へ

Pisionでは、相続に関しても親身にご相談に乗ることを第一としています。
具体的には相続税の申告はもちろん、事前のシミュレーション、節税のための提案や税務調査の対応まで行います。
このようなお悩み、ご心配がある方はお気軽にお問い合わせください。
  • 相続税が
    かかるのかどうか
    わからない
  • まずは税理士に
    色々聞いてみたい
  • 子供たちに
    できるだけ財産を
    残したい
  • 税金がいくらに
    なるのか不安

相続について

代表的な報酬例

ここでは代表的な報酬例を記載いたしますが、お客様の業種、規模、提供サービス、業務量などによって変動するため、
お問合せ後の面談で詳細にご相談ください。
  • 年商1億円
  • 月に1度訪問
  • 自計化している帳簿のレビュー(200件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約100万円
(一月当たり約8.5万円)
  • 年商3,000万円、従業員10名以下
  • 月に1度当社へ来所
  • 記帳代行(100件/月)
  • 決算業務、法人税、消費税等申告業務
年額約60万円
(一月当たり約5万円)

報酬についてへ

メンバー

代表税理士
濱 慎一
税理士
押味 成広

メッセージへ

お客様の声

  • G合同会社様
    不動産業/30代/税理士変更 2020/1-23区-

    Pisionの印象はどうですか?

    最初の印象は、若く爽やかな印象でした。 立ち上げてすぐからの依頼でしたが、今後の流れや動きも分かりやすかっです。

    Pisionの良かったところはどこですか?

    親身に相談にのっていただき、不安な点等も都度解消出来るのですごく助かっています。 またレスポンスが早いのも凄く助かります。 ありがとうございます。

    Pisionの悪かったところは?

    少し料金が高い気がしますが、業務量、レスポンス等を考慮すると納得出来る金額です。

  • 株式会社Z社様
    総合内装業/30代/税理士変更 2019/11-神奈川県平塚市-

    Pisionの印象はどうですか?

    一緒に親密に会社のことを考えてくれる税理士さん

    Pisionの良かったところはどこですか?

    話しやすいです。ちょっと厳しいところもいい具合に気が引き締まります。

    Pisionの悪かったところは?

    本店が神奈川のため五反田だと少し遠いです。ただ、別の場所での打ち合わせにも応じてくれるので助かります。

お客様の声へ

税コラム・Q&A

  • 納税・手続・統計
    ◆スマートフォンで申告書作成ができる 国税庁では去年から、スマートフォン専用画面を所得税の確定申告書作成サイトで展開しています。 去年は「給与は1か所からで年末調整してなければダメ」 「医療費控除と寄附金控除しか所得控除が入れられない」などと、制約が多すぎて、 サラリーマンの方でも「これじゃ申告書が作れない」と感じた方が多かったかもしれません。 今年はそんな声を意識してか、給与所得については年末調整していないものにも、複数箇所からの支給にも対応、 さらに年金や雑所得・一時所得にも対応してきました。 また、所得控除に関してはすべての控除に対応しています。 これで、年末調整でうっか
  • コラム・Q&A
    消費税
    ◆業界誌の案内する自販機課税 財務省主税局と意見交換をしたとする全国清涼飲料連合会の機関誌によると、自動販売機を設置する場所提供と電気代の負担だけ行い、 飲料メーカー等が自動販売機を用意して商品の管理・補充も行って、販売数量に応じた金額を販売手数料として支払うようなケースでは、 その販売手数料は飲食料品の譲渡にはならず、役務の提供の対価と考えられるので、軽減税率は適用されない、としています。 ◆自販機では役務の提供はしていない 逆に、消費税軽減通達では、自動販売機により行われるジュース、パン、お菓子等の販売は、飲食料品を飲食させる役務の提供を行っているものではなく、 単にこれらの飲
  • 納税・手続・統計
    起業・経営・財務
    国税庁は、2018事務年度(2019年6月までの1年間)の法人税等の申告事績を公表しました。 それによりますと、2019年6月末現在の法人数は、前年から0.8%増の313万2千法人で、 そのうち2018年度内に決算期を迎え、2019年7月末までに申告した法人は、同1.2%増の292万9千法人となりました。 また、その申告所得金額は同3.7%増の73兆3,865億円と9年連続で増加し、申告税額の総額も同2.6%増の12兆7,922億円となりました。 法人の黒字申告件数は101万7千件(前年対比2.8%増)となり、黒字申告割合は前年度を0.5ポイント上回る34.7%となりました。 黒字申
税コラム・Q&Aへ