3月決算5月申告の決算作業、申告作業も佳境の時期です。 こういった時期に見直したいのが業務効率化

経理、会計担当者、社長の悩み

・1年分一気に仕訳しないといけない…無理だ… ・会計ソフトデータを会計事務所とやり取りしないといけない… ・そもそも決算作業が進んでいるのか、帳簿作成が進んでいるのか心配… ・内訳書の作成が面倒… 

クラウドツール

これらを飛躍的に改善させることができるのは、MFクラウド、freeeなどのクラウド会計などを中心としたITツールです。 2015年あたりに比べ、かなり技術、性能が向上しています。いままで無駄にかかっていた時間や管理コストが減ると思います。数年-10数年後には主流になっているのでは?とも思います。 

クラウド会計、グーグルドライブ、Chatworkを活用

弊所ではクラウド会計を主流にして、グーグルドライブ、Chatworkで低コストで、素早く効率的なコミュニケーションをとるようにしています。 高コスト(金額という意味と、時間や手間という意味で)の場合、そのコストは誰が負担しているかというと、自社です。  変化は負担になりますが、変化した後は効率的で合理的な会社運営が可能です。また、いつかは絶対に変化しなくてはなりません。乗り遅れてから変化するか、先んじて変化するか、だと思います。 _____________________________________________品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。 クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、次世代の会計事務所、税理士対応業種: 製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、 建設(建築、内装、設備)、設計、接客(クラブ、キャバクラ等)のほかコンサルティング、 相続、相続税、漫画家、占い師等の個人事業、相続業務 ※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。

お知らせ一覧へ