お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。 

ポイント:経費と考えられるのはかなり広い!だからあえて私的な支出と分けると効果的

  1. Q.カウンセラー、占い師、セラピストの税金や経費について教えてください。
 A.基本的に本業としてやられていれば確定申告が必要だと考えられます。 経費については、ご自身の研究、練習、勉強のための経費から、 お客様のための備品などまで、広く認められると考えられます。 

解説

確定申告

カウンセラー、占い師、セラピストなどの業種の方は基本的には個人事業主です。趣味の延長で副業的に行っている方も、収入の規模が増えてくると確定申告が必要になりますので、ご注意ください。サイトなどに所属している方でも給与には該当せずに業務委託の場合が多いです。 

経費

お客様の不安や疲れ、悩みを取り除くこれらの業種の方の場合、様々な経費が認めらえると考えられます。 訪問する場合がある方は旅費、技術を磨くための研修費や書籍代、新しい手法を学ぶための調査費、 衣装代、広告代、電話等の場合には電話代などから、お仕事で使う備品(カードやカルテ、アロマ等々)などまで、当然必要になります。 注意点として、業種としては、現金売上もあり、お客様の匿名性が高い業種でもあるので、明確にきちんと帳簿を付けておくことが重要です。 テレビでも取り上げられ、税理士の研修でも取り上げられた占い師に関する税務調査、裁判があります。ご興味がある方は「占い師 税務調査 マインドコントロール」で検索してみて下さい。______________________________________品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。 クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、次世代の会計事務所、税理士 対応業種 製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、 建設(建築、内装、設備)、設計、接客(クラブ、キャバクラ等)のほか コンサルティング、相続、相続税、漫画家、占い師等の個人事業、相続業務 ※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。

お知らせ一覧へ