最高解約返戻率が85%超

例えば、前払部分の保険料が極めて多額となると認められる最高解約返戻率が85%超の商品は、
資産計上額の累積額が前払部分の保険料の累積額に近似するよう、
最高解約返戻率に応じてより高い割合で資産計上することとします。



資産計上期間経過後においても解約返戻金がおおむね最高額となるまでは、
支払保険料に含まれる前払部分の保険料は逓減するものの、その累積額は増加していくことから、
いずれの区分においても一定期間は資産計上額を据え置くこととし、一定期間経過後に均等に取り崩して損金の額に算入することで、
保険期間の後半に充当される前払部分の保険料と資産計上額のうち損金の額に算入される金額とが対応するような取扱いとします。


改正等に伴い、定期保険及び第三分野保険に関する取扱いを統一することから、
商品類型ごとに取扱いを定めていた個別通達を廃止しますが、廃止する個別通達の適用対象となる保険契約で、
改正通達公表日前の契約に係る保険料については、従来のままで、既契約については遡及適用しないことを明らかにしております

今後の動向に注目です。

(注意)
上記の記載内容は、令和元年5月7日現在の情報に基づいて記載しております。
今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、
記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。