国税庁は、「法人税基本通達の制定について」(法令解釈通達)ほか1件の一部改正(案)
(定期保険及び第三分野保険に係る保険料の取扱い)等に対する意見公募手続を実施しました。

定期保険及び第三分野保険の保険料に関する原則的な取扱いは

改正案によりますと、定期保険及び第三分野保険の保険料に関する原則的な取扱いは、
第三分野保険の保険料は危険保険料及び付加保険料のみで構成されており、その保険料の構成は定期保険と同様と認められることから、
従来の定期保険の取扱いに第三分野保険の取扱いを加え、これらの保険料に含まれる前払部分の保険料が相当多額と認められる場合を除いて
期間の経過に応じて損金の額に算入することとします。

定期保険等の保険料に相当多額の前払部分の保険料が含まれる場合の取扱いは

定期保険等の保険料に相当多額の前払部分の保険料が含まれる場合の取扱いは、
法人が、自己を契約者とし、役員又は使用人等を被保険者とする保険期間が3年以上の定期保険又は
第三分野保険で最高解約返戻率が50%を超えるものに加入して、その保険料を支払った場合には、
課税所得の期間計算を適正なものとするため、その支払った保険料の額については、
最高解約返戻率に応じ、取り扱うこととします。


(後編へつづく)

(注意)
上記の記載内容は、令和元年5月7日現在の情報に基づいて記載しております。
今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。