◆厚生労働省が履歴書様式を見直し

2021年4月、厚生労働省は「新たな履歴書様式例の作成について」を発表し、
推奨する新たな履歴書の様式例を公表しました。

従来、JIS(一般社団法人日本規格協会)規格の解説の様式例にあった「履歴書」が長年推奨されていましたが、
2020年7月にJIS規格の解説の様式例から履歴書が削除されたため、
厚生労働省が新たな履歴書の推奨様式例を検討していました。

◆旧JIS規格「履歴書」様式からの変更点

今回公表された、厚生労働省が推奨する履歴書の新様式例では、まず性別欄が大きく変更されています。

従来の性別欄は、〔男・女〕の選択式でしたが、昨今のLGBT等に代表されるように、
性自認についての意識の高まりを受け、任意の記載欄となったことが注目されます。
他にも、従来のJIS規格「履歴書」様式の末尾の方にあった、「通勤時間」、
「扶養家族数(配偶者を除く)」、「配偶者」、「配偶者の扶養義務」といった項目が削除されています。 

通勤時間や家族構成などは、本人の職業能力とは直接関係ない事項であり、
採用を決定する際の選考基準とすることは適切でないため、公正な採用選考を確保する観点から削除されたようです。

◆入社後に本人に確認することが増えます

今後、採用選考時に新様式の履歴書が提出されることが増えるでしょう。

性別や家族構成など、これまで当然のように「履歴書」で確認していた項目が削除されましたので、
入社時の手続き、特に雇用保険や社会保険の被保険者資格取得手続きなどのために、
改めて本人に配偶者や扶養家族に関する情報を確認する必要が出てきます

入社後に入手が必要な情報については、事前にチェックリストや社内の申請書式を用意するなど、
新たな準備が必要になりますので、注意しましょう。