◆正社員中心主義だった

コロナ禍の中での今年の税制改正により、従来の、
大企業を対象とする昇給・設備投資促進税制、
中小企業を対象とする所得拡大促進税制は、
入退職者は少ない方がよいとする雇用維持とベースアップを奨励する正社員中心主義的な制度から
新規雇用促進を奨励する税制に、様変わりしました。

◆中小企業を対象とする所得拡大促進税制は

中小企業向けの所得拡大促進税制では、既存の継続雇用者の給与の上昇という適用要件を放棄し、
新規・既存を問わず、雇用者全体の給与等支給額を増やせとの制度になり、
その増加率が1.5%以上の場合には雇用者給与等支給増加額の15%
(2.5%以上増加で教育訓練費の対前年比も10%以上増加なら25%)
の税額控除が出来るとの制度になりました。

既存従業員の雇用維持よりも、雇用全体を増やして、失業救済への社会貢献してくれることを奨励しているわけです。
雇用保険への加入も条件にしていません。

◆新規雇用促進税制へ

中小企業限定ではない、大企業・中堅企業向けの昇給・設備投資促進税制では、
設備投資要件が廃止された上、新規雇用をどの程度増やしているかが適用要件になりました。

国内事業所で新たに雇用した雇用保険被保険者に該当する者に
1年以内に支給する給与の額の対前年比の増加率2%以上の場合には、
新規雇用者給与等支給額の15%(教育訓練費の対前年比が20%以上増なら20%)の税額控除が出来るとの制度になりました。

ただし、解雇の多い事業者を排除するために、
前期比雇用者給与増加額が新規雇用者給与総額より少ないような場合には、
前期比雇用者給与増加額が控除率を乗ずる対象額の限度となります。

◆雇用調整助成金の扱い

雇用調整助成金等及びこれに類するものの額については、
適用判定の場面での増加割合の計算における雇用者給与等支給増加額や
新規雇用者給与等支給額の算定ではこれを考慮する必要はありませんが、
税額控除額を計算する際の控除率を乗ずる場面では、これをそれぞれから控除する必要があります。