新型コロナウイルスの緊急経済対策としてまとめた2020年度補正予算には、

中小企業の事業承継支援策が盛り込まれ、総額100億円が投入されることになっています。

第三者承継の負担を軽減する新たな補助金制度の創設、
事業引継ぎ支援センターの体制強化、
中小企業経営力強化支援ファンド創設
の3本で構成されます。

事業承継支援策には、

税理士などの専門家の活用にかかる費用を補助する「経営資源引継ぎ補助金」を新設します。
第三者承継時に負担となる士業者への仲介定数料やデューデリジェンス(企業の資産価値評価)費用
企業概要書作成費用などのほか、経営資源の一部を引き継ぐ際の譲渡側の廃業費用も対象とすることになっています。

補助上限額は売り手が650万円、買い手が200万円で、補助率はいずれも3分の2。
この経営資源引継ぎ補助金には経営革新計画の取り組み要件はありません。

また、「プッシュ型の第三者承継支援」と銘打ち、

新型コロナウイルスの影響を受け、事業引継ぎ支援センターへ相談に来ることが困難な事業者や、
第三者承継に関心のある人のもとに出向きM&Aの相談などを通じた支援を実施し、承継ニーズの掘り起こしを行います。
中小企業庁が47都道府県に設置している事業引継ぎ支援センターの人員を増員します。

そして新型コロナウイルスの影響により業況が悪化した、地域の核となる事業者が倒産・廃業することがないよう、
官民連携の新たな全国ファンドを創設し、再生と第三者承継の両面から支援します。

2020年中小企業白書によると、19年には4万3348の事業者が休廃業・解散しているというデータがあります。
新型コロナウイルスの感染拡大で休廃業・解散を選択する企業が増えていくことが懸念されています。

<情報提供:エヌピー通信社>