◆交際費特例はマイナーチェンジ

令和2年度税制改正で、交際費の課税の特例については若干ながら手が加えられました。
交際費についての特例は平成26年に現行の形である、

①支出する交際費等の額のうち接待飲食費(1人当たり5,000円を超える分)の額の50%相当額は損金算入

②資本金又は出資金の額が1億円以下の中小企業は支出する交際費の額のうち年800万円までは損金算入

※中小企業はどちらかを選択適用
となりましたが、これに加えて「①について、資本金の額等が100億円を超える法人を除外する」とした上で、
令和2年3月31日までだった適用期限を2年延長しました。中小企業には関係の無い話ですが……。

◆5,000円以下の飲食の取扱いは継続注意

従来通り、接待飲食費については1人当たり5,000円以下の飲食であれば税務上交際費に含めず、全額が損金にできます。
ただし、法人の役員・従業員・親族に対する接待等のために支出するものは、5,000円以下であっても交際費に該当します。

また、年月日・参加者・人数・金額と場所等について帳簿書類に記載が必要ですのでご注意ください。
このあたりは反面調査も含めて厳しくなっております

◆この改正で110億円増収見込み

財務省発行の令和2年税制改正パンフレットによると、
この特例の変更で初年度は110億円の増収(国税関係のみ)を見込んでいます。
東証1部の企業だけみても、資本金が100億円を超えている企業は800社超あります。
確かにこの企業の分が不算入となれば、それなりの規模にはなりそうではあります。

ただ、800万円の定額損金算入規定延長は改正に当たり、必要性として
「中小企業の交際費支出は飲食業や小売業等の需要喚起に資するものである」とされています。

現状コロナウイルスで打撃を受けている飲食業に関しては、自粛が明けた後でもこの改正を受け、
大企業の接待が減ることが想像できます。
景気回復を目指すのであれば、このあたりに手を入れてもいいのではないでしょうか。