◆平成30年分所得税等申告の件数

国税庁は2019年5月30日に、所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況についてのまとめを発表しています。

それによると、平成30年分の所得税及び復興特別所得税の申告をした人は2,222万人(対前年比+1.1%)、
その中でe-Taxで申告書を提出した人(税理士による代理送信を含む)は542.5万人+17.0%)となったそうです。
特筆すべきは国税庁が提供している「確定申告書等作成コーナー」を利用し
e-Taxにより申告書を提出した人数が前年の61.5万人から124万人と約2倍に増加したことです。

これは平成30年分の申告から「ID・パスワード方式」が始まり、
マイナンバーカードとカードリーダーがなくてもe-Taxの送信が可能になった部分が大きいのでしょう。
また、スマートフォン専用画面の提供も始めており、36.6万人がスマホやタブレットで申告書を作成・提出したとのことです。

◆大法人は今後電子申告が必須に

令和2年4月1日以後に開始する事業年度からは、
①内国法人のうち、その事業年度開始の時において資本金の額又は出資金の額が1億円を超える法人、
②相互会社、投資法人及び特定目的会社に該当する法人は、
法人税及び地方法人税・消費税及び地方消費税の申告については電子申告が義務となります。
なお利用開始時には届出書を出す必要がありますので注意しましょう。

◆電子申告のメリット

個人の申告では、
夜間等でも申告データを送信できるので時間を問わない
紙を郵送する必要がないのでコストが安い
不備がなければ紙での申告より還付が少し早くなる、
添付資料が省略できる場合がある等、
電子申告にするメリットは十分にあります。

また、法人の電子申告に際しても、各提出情報を効率的に保存できるように、
イメージデータ(PDF)で送信された添付書類の紙原本の保存不要化、
法人税申告書別表(明細記載を要する部分)のデータ形式をCSVでも受け付ける等、
デジタル機器が普及した社会への適用が進んでいます。
今後ますます、電子申告や周辺資料の送信環境は整備されるはずです。


併せて会社の紙資料等の電子化も、検討してみてはいかがでしょうか。



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。