まだ終わってはいませんが、コロナ渦での労働市場などのどうこうをまとめた興味深い内容です!

 

◆令和3年版『労働経済の分析』より

2020年に新型コロナウィルス感染症の影響を大きく受けた労働経済で
どのような影響がどれくらいあったのか、分析結果が発表されたので紹介します。

感染拡大の防止のための経済活動の抑制により2020年4月には就業者数、雇用者数が約100万人減少
その後穏やかに回復したが年内には元に戻らず、
一方で非労働力人口は4月に約100万人増と大幅に増加した後、穏やかに減少し元の水準に戻っています。

就業者数、雇用者数が減った一方、完全失業者数、完全失業率は緩やかな上昇傾向で10月には完全失業率3.1%でした。

◆労働移動・労働環境

転職者数(過去1年以内に離職経験のある就業者)の推移をみると、
2020年は感染拡大の影響により2010年以来10年ぶりに減少に転じ32万人と減少幅も大きくなっています。
転職理由も前年より変化し、2020年には「人員整理、勧奨退職」が増え、
前年の「より良い条件の仕事を探すため」の転職者は大きく減少しています。

雇用者全体の賃金総額は企業の雇用維持の取り組みや政策の下支えにより小幅な減少にとどまっています。
雇用調整助成金が失業の抑制とはなっているが成長分野への労働移動を遅らせています。
産業別の雇用者の増減では、情報通信業や医療福祉関連は堅調に増加が続いているが、
宿泊、飲食、卸売・小売、娯楽では減少幅が大きくリーマン・ショックの時のように
製造業での減少が目立った例とは異なっています。

働き方改革に関連した指標の状況では法改正と新型コロナが重なったこともあり、
長時間労働の是正で労働時間は大きく減少、年次有給休暇の取得率も上昇しています。

◆テレワーク定着に向けた分析

テレワークの実施状況を開始時期別にみると、
感染拡大前からテレワークを実施していた企業や労働者の方が感染拡大下でテレワークを始めた企業や
労働者よりも継続割合が高い結果が出ました。
途中でテレワークを実施しなくなった企業の理由をみると業務の性質や感染の影響の外、
仕事の進め方やテレワークの環境整備といった労務管理上の工夫が必要であり、
対応可能な事項(コミュニケーション、業務進捗の把握、テレワークを行う環境整備等)などが課題となっています。