国税庁は2020年分の確定申告について、入場整理券がなければ会場に入れない仕組みとすることを発表しました。

会場内の混雑緩和によって新型コロナの感染リスクを抑止するための措置です。
整理券は会場で当日受け取れるほか、無料通信アプリ「LINE」を通じてオンライン発行を受けることも可能となっています。

整理券は並んだ順番に渡され、時間を希望することは認められていません。
券には入場可能な時間帯が記載されています。
配布状況に応じて後日の来場を促されることもあるため、
会場で整理券を受け取る場合は国税庁のホームページで閲覧可能な「配布状況」を確認しておきたいところです。

会場の混雑具合によっては、指定時間に入場できないということもあるそうです。
また感染者の来場の発覚などで会場が一時封鎖された場合には、入場整理券は無効となり、再度取得する必要があります。

なお税務署は、整理券の配布以外にも感染拡大防止策として、
納税者入場時の検温やこまめな換気・消毒、ソーシャルディスタンスを確保できる会場レイアウトの実施、
自宅からのイータックスの利用推進などの措置をとるとしています。

<情報提供:エヌピー通信社>