新型コロナウイルス感染症に関連する補助金や助成金のうち、比較的利用しやすい個人向けのものをご紹介します。

◆特別定額給付金

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、
住民基本台帳に記録されている者で、給付対象者1人につき10万円が給付されます。

◆傷病手当金など

被保険者が業務災害以外の理由により新型コロナウイルス感染症に感染している場合には、
他の疾病に罹患している場合と同様に傷病手当金が支給されます。
また、業務に起因して感染したものであると認められる場合には、傷病手当金ではなく、労災保険給付の対象となります。

◆休業手当など

使用者の都合による休業の場合、使用者は、休業手当を支払わなければならないところですが、
労働基準法上の休業手当の要否にかかわらず、経済上の理由により
事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が休業手当を支払った場合、
雇用調整助成金として一部が事業主に助成されます。

また、子供の臨時休校により仕事を休まざるを得なくなった保護者ために、
休みの間の給与を助成する制度もできました。フリーランスで働く人のための支援金もあります。

◆国民年金・国民健康保険料(税)の減免

令和2年5月1日から新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が
困難となった場合の臨時特例手続きが開始されています。国民健康保険料についても地方自治体が条例等により減免を行います。

◆住居確保給付金

離職や休業などで収入が減り、家賃を払えない人には、
地方自治体が家賃を補助する「住居確保給付金」という制度があります。今回、従来より要件が緩和されました。

◆修学支援新制度

家計が急変した学生には、授業料の減免や、給付型の奨学金が支給される「修学支援新制度」があります。
各学校の奨学金窓口に相談してみましょう。