お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

ポイント

大体2か月目くらいから動き出すのが理想。まずは相談を。

A.49日、2カ月、3カ月、4カ月、10カ月、年末が一つの目安になります。
それぞれ49日法要、準確定申告、相続放棄の期限、準確定申告・出国税、相続税の申告期限、未分割の場合注意する時期、です。

 

解説

相続のスケジュール概要

相続(ここでは主に相続税を中心に解説)が発生、つまりどなたかがお亡くなりになった場合、相続税の申告納税まで10カ月しかありません。

理想的なスケジュール

早ければ早いに越したことはありませんが、なかなかそうはいきません。
ただ、実際にはどうしても作業に時間がかかってしまいますので、余裕をもって行動、相談されたほうがいいと思います。

例えば、

49日法要後から動き出して、
 ひと月くらい大まかな相続の方向性を決めて、
  様々な情報や書類を税理士や司法書士に提出し終わるのが4か月目くらい
   6カ月目くらいには財産の評価額がわかって、本格的な分割協議
    8カ月目くらいには分割協議が終了
くらいを目指すのが望ましいと思います。


品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。

クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。

お知らせ一覧へ