お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

ポイント

20万円は所得(利益)のこと。他の申告をするならば20万円関係ない。

 

  1. Q.給与のほかに20万円を超える副業があるデザイナーです。確定申告が必要かどうかそのあたりを教えてください。

A. 必要です。ただし、20万円を超えるのが単純な収入なのか所得なのかを確認してください。

 

解説

20万円までは申告不要という言葉の一人歩き

よく「20万円までは申告いらない」といったようなあいまいな情報を耳にします。
これは合っているようで合っていないので要注意です。

副業が20万円以下で申告しなくていい人

ご質問に沿って説明いたします。まずは、
「20万円を超える副業」が、

「収入(売上)が20万円超」なのか

「所得(利益)が20万円超」なのか

を確認してください。
後者の場合には確定申告が必要です。

 

源泉は?

また、デザイナーやカメラマンの場合で、特に発注者が法人のとき、
支払に源泉がされていることがあります。
デザイナーやカメラマンからの請求書に源泉を記載している場合にはもちろん、
記載していない場合でも源泉されて支払われることがあります。
この源泉徴収がされるようなデザイナーやカメラマンの場合には要注意です。

なぜなら

・単純に入金額だけで収入や所得が判断できない
・源泉徴収されているか、いないかわからないから申告が正しくできない

つまり、
・納税が足りなかったり還付できてなかったりする
という可能性がありますので注意して下さい。

 

そもそも20万円未満で申告不要なのは

そもそも副業(雑所得)が20万円未満で申告不要、というのは、基本的には

「給与が1か所=勤め先が一つ」で、

「年末調整済み」で、

「他に申告するような所得がなく」て、

「副業の所得が20万円未満」の場合です。

 

そのため、例えば
医療費控除を受けるために確定申告する場合
フリーランス(個人事業主)や不動産収入があって確定申告する場合など
は20万円未満でも確定申告に含めないといけないことになります

HiCさんによる写真ACからの写真

______________________________________

品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客(クラブ、キャバクラ等)のほか
コンサルティング、相続、相続税、漫画家、占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。

お知らせ一覧へ