◆事前届出で消費税確定申告期限を1月延長

令和2年4月に消費税法等の一部が改正され、事前届出で消費税確定申告期限を1か月延長できるようになりました

結果、法人税の申告期限延長特例適用企業における消費税と法人税の申告書の提出時期のずれの弊害が是正されることとなります。

この制度が新設された背景には、「働き方改革関連法案が施行されるのだから、
法人税と消費税の申告期限が違うことで生じている事務負担を削減できるよう、
消費税の申告期限延長特例を新設しよう」という、経済産業省経済産業政策局企業行動課の令和2年度税制改正要望がありました。

◆適用のための届出

この制度の適用を受けるには、
法人税の確定申告書の提出期限の延長の特例の適用を受ける法人であること、
②消費税の確定申告書の提出期限を延長する旨の届出書を提出することが必要です。

①は、定款等で決算承認の定時株主総会の開催が事業年度終了後3か月以内と定められている法人が、
事前届出をすることで法人税の確定申告書の提出期限が1か月延長される制度です。
それを受けている法人が、②消費税の申告期限延長の届出書を事前に提出することで適用されます。

届出書の提出期限は、「特例の適用を受けようとする事業年度終了の日の属する課税期間の末日まで」です。

この特例のスタートは「令和3年3月31日以後に終了する事業年度の末日の属する課税期間」からです。

すなわち、課税期間が1年で3月決算法人の場合=令和2年4月1日から令和3年3月31日の課税期間から、
12月決算法人の場合=令和3年1月1日から12月31日の課税期間からの適用となります。

◆1か月延長によるデメリット

申告期限が延長されてもメリットだけではありません。
延長された期間の利子税(=罰金ではない遅延利息)の支払が必要です
利子税を回避するためには2か月以内に数字を固め予納することが必要です。
課税庁側の事務負担は減るかもしれませんが、納税者側の事務負担はむしろ増える恐れもあります。
また還付申告となる場合は、還付されるまでの期間がその分遅れます。

よって、延長できた場合も、法人税と違い株主総会での決算確定の縛りがありませんので、
従来通り2か月以内の提出1回で終わらせてしまう方が良いかもしれません。