• 相続・不動産
    税制改正・法改正
    ー教育資金贈与の非課税に関する税制改正とは? 教育資金贈与の非課税制度の基本 教育資金の一括贈与制度は、 ・直系尊属である父母、祖父母から ・子・孫に入学金・授業料など教育にかかる費用を、 ・非課税で贈与できる 制度です。 具体的には、 対象者:30歳未満の受贈者(前年分の合計所得金額1,000万円以下) 非課税金額:1,500万円(学校等以外の者に支払われる費用は500万円) までの贈与が非課税になります。 非常に有利な贈与税・相続税に関する制度ですが、今回はより使いやすく、一方では厳しく改正されました。 次の点について解説します。 ①適用期間の延長 ②管理残高に
  • コラム・Q&A
    調査・不正・犯罪
    役員に対する退職金は不相当に高額な部分は否認されてしまいます。 問題は、この「不相当に高額」がなにか、言い換えれば、 「相当な範囲の金額はいくらか」は、この謎に厳しい税法において、かなりの難題の一つです。 今回はこの役員退職金の適正な金額の算出に関して、次の点をご紹介します。 ・基本的な役員退職金の取り扱いの復習 ・適正な役員退職金の金額の算定方法は? ・そのほかに気を付けるべき点 基本的な役員退職金の取り扱いの復習 法人税法上は、不相当に高額な役員退職金は損金算入が認められていません。 反対に、合理的な金額であれば損金されます。 また、”不相当に高額”として損金算入されな
  • 中小企業・個人
    税制改正・法改正
    株式等に係る配当や譲渡利益について、所得税と住民税では異なる課税方法を選択することができます。 この点について、以下のポイントを解説します。 ・その方法は? ・そもそも課税方式の違いとは? ・どちらが有利か? ・これまでの動向 その方法は? その方法はというと、 第二表「住民税・事業税に関する事項」の「特定配当等・特定株式譲渡所得の全部の申告不要」欄に「〇」をする だけです。 そもそも課税方式の違いとは? 上場株式等の配当所得の課税方式には、①総合課税、②申告分離課税、③申告不要制度があります。 ①総合課税…他の所得と合算して累進税率で課税 ②申告分離課税…他の所得と
  • 中小企業・個人
    相続・不動産
    令和3年分の確定申告も段々と目前に迫ってまいりました。 今回は、確定申告で必要になる譲渡所得に関する知識を提供したいと思います。 結論から言えば「取得のためなら原価、譲渡のためなら費用、貸付のためなら経費」と理解しておけば ・譲渡…譲渡の場合の経費や原価になるものとは? ・原価…測量費が取得費とされる場合は? ・経費…測量費が経費となる場合は? ・相続…概算取得費を使った場合?譲渡…譲渡の場合の経費や原価になるものとは? 不動産(土地や建物)を譲渡し、利益が出ると所得税等が課税されます。 この場合の利益は、 譲渡対価 - (取得費 + 譲渡費用) で計算されます
  • コラム・Q&A
    中小企業・個人
    新型コロナウイルスの影響により様々な助成金等を受け取る機会があります。 それぞれの課税上の取り扱いを整理します。 ◆非課税とされる助成金等 以下の助成金は所得税の非課税として取り扱われます。 ・特別定額給付金 ・子育て世代への臨時特別給付金 ・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金 ・学生支援緊急給付金 ・低所得ひとり親世帯への臨時特別給付金 ・新型コロナウイルス感染症対応従事者への慰労金 ・企業主導型ベビーシッター利用者支援事業の割引券及び助成 ◆課税される助成金とその計上時期 以下の助成金は課税され、原則的には支給の決定した時(権利の確定時)に収入を計上しま
  • 相続・不動産
    節税特例・補助金
    お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。 ポイント 生活(自宅か事業用)に必須な土地。継続的な利用が要件。面積や割合が決まってる。  A.居住用、事業用、特定同族会社事業用と貸付用の4種類があります。 基本的には、生前と同じ用途で使い続けていくことが要件です。 解説種類 居住用、事業用、特定同族会社事業用と貸付用の4種類があり、それぞれ適用できる面積や割合、要件が異なります。 面積:事業用、特定同族会社事業用→400㎡、居住用→330㎡、貸付用→200㎡ 割合:事業用、特定同族会社事業用、居住
  • コラム・Q&A
    相続・不動産
    お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。 ポイント 財産として課税の対象になりますが、単純な購入時の金額などではない。 またいろいろな特例があるので余裕をもって検討、対策しましょう。 A.建物は固定資産税評価額で、土地は路線価を使って評価します(例外アリ)。 貸している場合、住んでいる場合などによって、評価額が変わりますので、事前に余裕をもって検討されるといいです。   解説 不動産の評価の概要 不動産は当然財産なので、相続税の対象になります。 不動産の評価額は、亡くなった年、利用状況、取得する人などの要素で変化します。 土
  • コラム・Q&A
    相続・不動産
    お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。 ポイント 相続税がかかりますが、非課税枠があります。また、相続税以外の課税がある可能性もあるので、事前に確認しましょう。 A.相続税の場合には、財産としてカウントされますが、課税されない金額があります。 所得税の場合もあるのでとりあえず全部の保険の状況を確認したほうがいいです。   解説 相続税がかかる場合 被相続人が保険料を支払っていて、 被相続人が被保険人で、 他人が保険金受取人の場合、 相続税がかかります。 ただ、500万円×相続人の数までは相続税がかかりません。 例えば、
  • コラム・Q&A
    相続・不動産
    お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。 ポイント 遺言の捜索→税理士決める、司法書士決める→情報集める→分割→申告納付→名義変更手続き A.遺言の捜索→税理士の決定→情報収集→遺産分割協議→相続税の申告・納付→名義変更手続きなど   解説 相続税の観点に絞ってご説明します。   まずは遺言の捜索 まずは亡くなった方の遺言がないかを探しましょう。 遺言にはいくつか種類がありますが、注意点としては、「開けない」ことです。 開けずに司法書士などの専門家に任せましょう。 税理士の決定 税理士を探します。 お付き合いのある税理
  • コラム・Q&A
    相続・不動産
    A.たいてい遺産総額の0.5%から1%くらいです。財産が1億円であれば100万円といったところです。 解説 会計事務所の費用 会計事務所によって報酬の金額は異なりますが、基本的には遺産総額の0.5%から1%が多いです。 遺産総額を基準にしているのは、 遺産額が大きい=財産が多い、大きい=評価する手間や検討する項目が多い ためです。 会計事務所の行うこと ご相談いただくタイミングや、会計事務所のスタイルによって行ってくれることは異なりますが、 概ね下記のようなことを行ってくれると思います。 え、書類作成するだけなのにそんなにかかるの?と思われるかもしれませんが、意外とかなり多

カテゴリ一覧