「労務・社保・年金」の記事一覧 (3)


  • 労務・社保・年金
    様々な理由から広がり、定着しつつあるテレワークですが、労働に関する法律は、 根本的には何世代も前の社会を前提にしています。 つまり、法律や法律の考え方が現代に合っていないこともままあります。 その一例でもあるテレワークにおける労働時間の管理に関して、 ・基本的な考え方 ・テレワークにおける勤怠管理方法 ・テレワークにおける中抜け時間の取り扱い ・テレワークにおける時間外労働 についてご紹介したいと思います。   基本的な考え方-テレワークでも労働時間の考え方は変わらず テレワークであっても、出社型と基本的には同じ労働時間制度。 例えば、出社型においては1日8時
  • 会計・税務
    労務・社保・年金
    ◆従業員に対する健康診断は会社の義務です! 労働安全衛生法66条では、 「事業者は、労働者に対し医師による健康診断を行わなければならず、 労働者は、事業者が行う健康診断を受けなければならない」とあります。 こうした健康診断の受診費用は、通常必要と認められる範囲を超えるものを除き、 会社の福利厚生費として、税務上も扱われます。 なお、役員は厳密には労働安全衛生法の対象者ではありませんが、 健康管理義務がないわけではないので健康診断を受診してもらうことで、 実務上のリスクを下げることができるため、同様に会社の福利厚生費となります。 ただし、受診費用の会社負担対象者が役員や特定の地
  • 労務・社保・年金
    税制改正・法改正
    働き方改革が叫ばれて久しく、大企業でも副業・兼業を許容、推進する会社が登場しています。 そこで、雇用する側として気になることの一つが、労働時間の管理です。今回は、副業・兼業における労働時間の管理・時間外労働について紹介します。 結論から言えば、「副業・兼業の時間も含めて労働管理、時間外労働の計算が必要」だということです。 ・国も副業・兼業を認めてる? ・データでみる副業や兼業の増加 ・そもそも基本的に労働時間で気を付けるべき点は? ・副業や兼業に関連して気を付けるべき点は?   国も副業・兼業を認めてる? 厚生労働省が発表している「モデル就業規則」では、

カテゴリ一覧