「調査・不正・犯罪」の記事一覧 (7)


  • コラム・Q&A
    調査・不正・犯罪
    有名企業の「脱税」や「不正」がたまに世間を賑わせます。 その中の一つに「社員(従業員)による横領」もあります。 横領があった場合には、その個人がフォーカスされるだけのことがほとんどですが、 税務上はとても重要な懸念があります。 ・被害者なのに税務上は加害者?!社員の横領 ・税務上はどのように取り扱われるか ・ほかにはどのようなことに気を付けるべきか   被害者なのに税務上は加害者?!社員の横領 従業員が不正な行為(違法、規律違反)を行った場合、会社からすると その従業員が悪で、会社は被害者のような気がします。 しかし、場合によっては税務上は会社が「漏れ」を指摘さ
  • 税制改正・法改正
    調査・不正・犯罪
    2022年の税制改正において、ひっそりと厳しい規定が追加されました。 その内容と影響、具体例、注意点をご紹介します。 ・改正となった【簿外経費の否認】 ・簿外経費否認の具体例 ・全員要注意!他の注意点   改正で追加された【簿外経費の否認】とは ・対象税目:所得税と法人税 ・対象者:事実の隠蔽や仮装がある、または、無申告の納税者(個人、法人) ・いつから:令和5年分から(法人の場合は令和5年以降に開始する事業年度から) 平たくいえば、 「申告していない、申告していても隠したり偽ったりしているような人(会社)が、 後から主張する経費は認めない」 という内容です
  • コラム・Q&A
    調査・不正・犯罪
    税金、税務調査の話になると、 謎の情報通の人が現れこのような話や”コンサル”してくることがあります。 「こうすればバレない」 「こうやって経費を作る」 「私はこうやって全然平気だった」 このような謎の人物やこ情報になびくことが危険だというお話をご紹介します。 ・副業、フリーランス、社長の周りにいる謎の”税金通の友人” ・税務調査官はどこまで見ているか? ・税務調査における「こうやっておけば大丈夫」のとらえ方について   副業、フリーランス、社長の周りにいる謎の”税金通の友人” 謎の人物について 会計事務所のお客様やお客様になる前の段階の事前面談で 「こうする
  • 相続・不動産
    調査・不正・犯罪
    不動産を使った相続税の節税を巡る裁判について、報道がなされました。 結果は、納税者敗訴。 争点は、「通達による評価が著しく不適当(安すぎる)」かどうか、でした。 これは、今後相続を迎える方全員に影響がある税法の謎と危険性を孕んでいると考えられます。 ・裁判について詳しく ・何が問題なのか ・今後への影響は? ・最後に※あくまでも私見や推測を混ぜたコラムです※ 裁判について詳しく 内容について、かいつまんで内容をまとめると次の通り。 ・相続の数年前に2つの不動産を購入。 ・不動産二つは、合計で約14億円でローンを組み購入。 ・相続時の法令(財産評価基本通達)に
  • 会計・税務
    調査・不正・犯罪
    コンビニ大手が国税局の税務調査を受け、1億円以上の印紙税の納付漏れがあったと報道がありました。 1.印紙税とは? 2.印紙税の納付漏れとは?どういう罰則? 3.まとめ   1.印紙税とは? 印紙税とは、一定の書類に係る税金で、印紙を購入し貼り付けることにより納税したことになるものです。 一定の書類とは、”課税文書”と呼ばれ契約書や領収書などが該当します。 名称が領収書などでもなくても、実質が課税文書に該当する場合にもかかります。 個人的には、まさに前時代的な意味不明な税金といえると思います。2.印紙税の納付漏れとは?どういう罰則? この印紙税は、みずから購
  • 相続・不動産
    調査・不正・犯罪
    相続における生命保険金の役割と注意点 生命保険金は、相続税において節税や納税資金として活用されることがありますが、 うっかり相続税の申告に含めることを忘れてしまうことも多い財産です。これは、納税者の誤解や失念、税理士への説明が漏れた、という理由があります。 今回は、この相続における生命保険金について、 ・相続税の取り扱い ・なぜ誤解が生じてしまうのか、 ・相続税の計算から漏れてしまった場合のペナルティ についてポイント解説します。 要注意して、税務署に”隠蔽仮装だ”と指摘され、 多額の税金を急に負担することに…なんてならないようにしましょう。 ◆被相続人が保険料を負
  • コラム・Q&A
    調査・不正・犯罪
    役員に対する退職金は不相当に高額な部分は否認されてしまいます。 問題は、この「不相当に高額」がなにか、言い換えれば、 「相当な範囲の金額はいくらか」は、この謎に厳しい税法において、かなりの難題の一つです。 今回はこの役員退職金の適正な金額の算出に関して、次の点をご紹介します。 ・基本的な役員退職金の取り扱いの復習 ・適正な役員退職金の金額の算定方法は? ・そのほかに気を付けるべき点 基本的な役員退職金の取り扱いの復習 法人税法上は、不相当に高額な役員退職金は損金算入が認められていません。 反対に、合理的な金額であれば損金されます。 また、”不相当に高額”として損金算入されな

カテゴリ一覧