「相続・贈与・不動産」の記事一覧 (51)


  • 相続・贈与・不動産
    二次相続を見据えた遺言書の作成 二次相続とは、一次相続の後に発生する相続のことを指します。例えば、父親が亡くなり母親が相続した後に、母親が亡くなった場合の相続です。二次相続を見据えて遺言書を作成することで、相続税負担の軽減や相続人間のトラブル防止が期待できます。以下では、二次相続を見据えた遺言書の作成について詳しく解説します。   1. 一次相続での遺産分割の工夫 一次相続での遺産分割を工夫することで、二次相続時の相続税負担を軽減することが可能です。具体的には、次のような方法があります。 配偶者控除の活用: 配偶者が相続する財産については、配偶者控除が適用され、1億6
  • 相続・贈与・不動産
    不動産の相続評価額の決め方 不動産の相続評価額を適切に決定することは、相続税の申告や遺産分割において重要です。不動産の評価方法にはいくつかの方法があり、適用する方法によって評価額が異なることがあります。以下では、不動産の相続評価額の決め方について詳しく解説します。   1. 路線価方式 路線価方式は、国税庁が公表する路線価を基に評価する方法です。路線価は毎年7月1日に公表され、主要道路に面する土地の1平方メートルあたりの価格が示されています。 路線価方式の計算方法 土地の評価額: 路線価 × 土地面積 補正率の適用: 路線価には、形状や利用制限などに応じた補正率
  • 相続・贈与・不動産
    税理士
    遺言書作成のための専門家の選び方 遺言書の作成は、相続人間のトラブルを防ぎ、遺産の適正な分配を実現するために重要です。しかし、遺言書の内容や形式に不備があると無効になる可能性があるため、専門家の助けを借りることが有効です。以下では、遺言書作成のための専門家の選び方について詳しく解説します。   1. 専門家の種類と役割 遺言書作成のために相談できる専門家には、以下のような種類があります。 弁護士: 法律の専門家であり、遺言書の作成や相続に関する法的アドバイスを提供します。遺言執行者としての役割も果たします。 司法書士: 登記や法律手続きに関する専門家であり、遺言書
  • 相続・贈与・不動産
    相続登記の義務化とその影響 相続登記の義務化は、相続手続きにおいて重要な変更点です。この制度は、相続による不動産の所有権の移転登記を義務付けるものです。相続登記の義務化により、所有権の明確化やトラブルの防止、適正な不動産取引の実現が期待されます。以下では、相続登記の義務化とその影響について詳しく解説します。   相続登記の義務化とは 相続登記の義務化は、相続が発生した場合に不動産の所有権移転登記を一定期間内に行うことを義務付ける制度です。2021年に成立した改正不動産登記法により、相続登記の義務化が導入されました。具体的には、相続人が被相続人の死亡を知った日から3年以内に相続
  • 相続・贈与・不動産
    特定の相続人に多く遺産を渡す方法 相続において、特定の相続人に多く遺産を渡すためには、法的な手続きを正しく行うことが重要です。遺言書の作成や生前贈与、生命保険の活用など、いくつかの方法があります。以下では、特定の相続人に多く遺産を渡すための方法について詳しく解説します。   1. 遺言書の作成 遺言書を作成することで、特定の相続人に多く遺産を渡すことができます。遺言書には、遺産分割の具体的な内容を明示する必要があります。 遺言書の種類 自筆証書遺言: 遺言者が全文を自筆で記載し、署名・押印する形式。 公正証書遺言: 公証人が作成し、公証役場で保管する形式。信頼性
  • 相続・贈与・不動産
    相続税の控除対象と申告方法 相続税にはさまざまな控除制度があり、これらを適用することで相続税の負担を軽減することができます。また、適切な申告を行うことが重要です。以下では、相続税の控除対象と申告方法について詳しく解説します。   相続税の控除対象 相続税の控除対象には、以下のようなものがあります。   1. 基礎控除 基礎控除は、相続税の課税対象額から一定の金額を控除する制度です。基礎控除額は次のように計算されます。 基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数 この基礎控除額を超える財産について相続税が課されます。 &n
  • 相続・贈与・不動産
    二次相続の対策と遺言書の重要性 二次相続とは、一次相続後に再び発生する相続のことを指します。例えば、父親が亡くなり母親が相続した後に、母親が亡くなった場合の相続です。二次相続に備えるためには、一次相続の段階から適切な対策を講じることが重要です。以下では、二次相続の対策と遺言書の重要性について詳しく解説します。   二次相続の対策 二次相続に備えるためには、以下のような対策が有効です。   1. 一次相続での分割方法の工夫 一次相続での遺産分割方法を工夫することで、二次相続の税負担を軽減することができます。具体的には、相続人間で公平かつ適切な分割を行い、将来の相
  • 相続・贈与・不動産
    養子縁組と実子の相続権の違い 養子縁組と実子の相続権には、それぞれ異なる法的な取り扱いがあります。養子も実子と同様に相続権を持ちますが、法定相続分や特定の状況において違いが生じることがあります。以下では、養子縁組と実子の相続権の違いについて詳しく解説します。   実子の相続権 実子は、被相続人の血縁関係に基づいて相続権を持つ子供のことを指します。実子の相続権には以下の特徴があります。   1. 法定相続分 実子は、被相続人の法定相続人として法定相続分を持ちます。法定相続分は、被相続人の配偶者とともに相続する場合には、それぞれ2分の1ずつとなります。 &nbs
  • 相続・贈与・不動産
    親の借金を相続しない方法 親の借金を相続しないためには、適切な手続きを踏むことが重要です。相続放棄や限定承認といった法的手続きを活用することで、相続人が親の借金を負担せずに済む方法があります。以下では、親の借金を相続しない方法について詳しく解説します。   相続放棄 相続放棄は、相続人が被相続人の全ての財産および負債を相続しないことを宣言する手続きです。相続放棄を行うことで、親の借金を相続することを避けることができます。   相続放棄の手続き 申立ての期限: 被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てを行う必要があります。 必要書類:
  • 相続・贈与・不動産
    相続と贈与:メリットとデメリット 相続と贈与は、財産の承継に関わる重要な手段です。それぞれにメリットとデメリットがあり、どの手段を選択するかは状況に応じて慎重に判断する必要があります。以下では、相続と贈与のメリットとデメリットについて詳しく解説します。   相続のメリットとデメリット   相続のメリット 1. 法的安定性: 相続は法律に基づいて行われるため、相続人の権利が法的に保護されます。 2. 節税効果: 相続税には基礎控除があり、一定の額までは非課税となります。基礎控除額は「3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」です。 3. 共有の資産承

カテゴリ一覧