「外国・国際税務」の記事一覧 (2)


  • 外国・国際税務
    税制改正・法改正
    財産債務調書及び国外財産調書は一定の財産を持つ人が提出しなければならない書類です。 この財産債務調書と国外財産調書について、基本からご紹介するとともに、 令和4年からの改正点を見ていきましょう。   ・財産債務調書とは ・国外財産調書とは ・それぞれのペナルティやメリットは? ・財産債務調書と国外財産調書の改正点は?   財産債務調書とは 財産債務調書とは、国税庁の説明を引用すると… 「所得税等の確定申告書を提出しなければならない方又は所得税の還付申告書 (その年分の所得税の額の合計額が配当控除額及び 年末調整で適用を受けた住宅借入金等特別控除額の
  • 外国・国際税務
    消費税
    消費税のかかる取引の要件の一つとして、「国内」があります。 では、宇宙空間での取引は「国内」にあたるのでしょうか?   ◆民間宇宙ビジネスは急成長分野 米イーロン・マスク氏が設立したスペースX社は、 民間企業の製造・所有する宇宙船を用いて、 初めて国際宇宙ステーション(ISS)への有人飛行に成功。 堀江貴文氏も「世界一低価格で便利なロケット」の開発を目指すと、 宇宙ビジネスに参入していますが、 人工衛星の打上げ費用は2億ドルはかかると言われていた時代もありました。 近年では6,000万ドルまで削減することに成功したそうです。 ◆20年前に人工衛星の消費税の取扱い

カテゴリ一覧