日本税理士会連合会(神津信一会長)はこのほど、2020年度税制改正に関する建議書を決定しました。

建議書では特に強く主張する項目として、消費税の単一税率維持とインボイス(適格請求書)方式の見直しを訴えました。
全事業者にインボイス方式が適用されると、税額控除ができない免税事業者は取引から排除される可能性が高く
「不当な値下げなどにより経営状態が圧迫される」と危機感を持って訴えています。

日税連は複数税率導入の議論が始まった当初から軽減税率反対を重要項目に盛り込んでいます。
建議書では、複数税率の区分経理により事業者負担が増すことや、逆進性対策として非効率であることなどを理由に、
「早期の見直しを図り単一税率制度にすべきである」と主張しています。
逆進性への対応としては、あらかじめ国が一定額を入金したプリペイドカードを配布する方法や、一定額の簡素な給付措置など具体例を挙げて提案しました。

また一定の経過期間を経て導入される予定のインボイス制度については、
「免税事業者が適格請求書等を発行できないことに伴い、
不当な値下げ等により経営状態が圧迫されることのないよう対策を講じなければならない」として、
抜本的な再検討を求めました。複数の税率ごとに詳細な記載が求められるインボイスは、
事業者だけでなく「税務官公署にも多大な事務負担を課す」とした上で、
税の専門家の立場から「現行の請求書に一定の記載事項を追加するだけで区分経理は十分可能」とインボイス方式の必要性を否定しました。


<情報提供:エヌピー通信社>
_________________________________
品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、未来を共に描くことを使命としている税理士。
マネーフォワード、freee、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
お客様の業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸・売買、IT、マーケティング、医療法人、
医師、商社、建設(建築、内装、設備)、設計、グローバル企業、富裕層、接客などのほか
コンサルティング、相続、相続税、漫画家、占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。

 

お知らせ一覧へ