お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

ポイント

贈与税は相続税の補完税=前払い。一定の場合には相続税に含まれるので注意

A.贈与税は相続税を補完するものです。
したがって、贈与された財産は、一部、相続によって取得したものとして相続税の計算に含まれます。

 

解説

贈与税の位置づけ

法体系的に贈与税は相続税を補完するものです。
例えば、相続税を回避するために、生前、一挙に贈与してしまうことによる相続税の回避を防止することになります。
そのため、税負担は贈与税のほうが高く設定されています。

 

相続での扱い

相続税では次の二つの贈与財産が相続税で再計算されます。

  • ①相続または遺贈で財産を取得した人が受けた相続開始前3年以内の贈与
  • 相続時精算課税制度による贈与

 

 これらに該当すると、現実には贈与で過去相続人に財産が移転していても、
相続で移転したものとして、相続税で再計算されます。
納税済みの贈与税は、相続税の計算上、控除されますので、一見すると影響がなさそうです。
しかし、相続税の仕組み上、全体の財産が大きくなればなるほど税率が上がるようになっていますので、
足し戻される=相続税が増える、となりますので、避けたほうが節税にはなります。



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。