◆改定目安は全国平均28円

令和3年度地域別最低賃金改定額は中央最低賃金審議会で賃上げ額の目安が公表され、
各都道府県労働局長の決定により10月1日より順次発令される予定です。

地域別最低賃金の全国整合性を図るため目安額のランクを設けていますが、
改定額を見ていくとAからDの47都道府県すべてが28円以上引き上げられ、東京都は時給1,041円と最高です。
最高額1,014円と最低額820円の金額差は221円です。
低水準の地域の上げ幅は高まることになります。

◆引き上げ額全国加重平均28円は過去最高

近年最低賃金は引き上げの流れが続いていましたが、
令和2年度は新型コロナウィルス感染症拡大の影響を考慮し目安は示されませんでした。
今回の引き上げ率は3.1%と過去最高で、
今後所得税や社会保険における扶養の壁を意識してパートタイマー等が労働時間を減らすケースがあるかもしれません。
中小企業3団体は最低賃金引き上げに反発を示していますが労働者側団体は評価しています。

◆令和3年度の改定額は以下の通りです。

・28円改定
東京1041円 大阪992円 愛知955円 千葉953円 神奈川1040円 埼玉956円
北海道889円 岩手821円 宮城 853円 新潟859円 石川861円 福井858円 
福島828円 茨城879円 栃木882円 群馬865円 山梨866円 長野877円 
岐阜880円 静岡913円 三重902円 滋賀896円 京都937円 兵庫928円 
奈良866円 和歌山859円 岡山862円 広島899円 山口857円 徳島824円 
香川848円 愛媛821円 高知820円 福岡870円 佐賀821円 長崎821 
熊本821円 宮崎821円 鹿児島821円 沖縄820円

・29円改定
青森822円 山形822円 鳥取821円 佐賀821円

・30円改定
秋田822円 大分822円

・32円改定
島根824円