新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出を控えることが多くなりました。

結果、外食やレジャー施設など、様々な分野で売上が減少しています。
ただ、すべての事業が打撃を受けているわけではありません。

なかでも、リモートワークや休校などにより自宅で過ごす人が増えた結果、「巣ごもり消費」が伸びています。
「巣ごもり」というのは、鳥が巣にこもるように、人が外出を控え、自宅で過ごすことを指します。
巣ごもり消費で好調なサービス・商品には、ネット通販や宅配のほか、映像配信や家庭用ゲーム機器、スマホゲームなどがあります。

また、料理関連グッズも好調です。

外食の機会が減り主婦が家で調理する負担が増えました。
そこで、電子レンジで加熱するだけで簡単に調理ができる容器が人気上昇中です。
さらに、外出を自粛するため、買い物の回数を減らさなければなりません。
そのため、コメや野菜の鮮度を保つための気密性の高い袋など、巣ごもりをするうえで便利な商品の需要が伸びています。

加えて、外出自粛の広がりを背景にインターネットを利用する機会が増えました。
結果、ネット広告事業が好調です。
また、運動不足の解消やストレス発散として、トレーニング機器のほか、自宅でリラックスするための入浴剤も売れています。

コロナ災害で売上が大幅に減少した企業が多くあります。

その中でも、好調な分野は存在しています。
今、経済面でコロナウイルスに打ち勝つために、もっとも重要なポイントは、
ウイルスの影響による世の中の変化をいち早くとらえ、自身の事業を世の中の変化に合わせるように変えていくことだといえます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出自粛が強まっています。
中には友人と飲み会ができないことを残念に思う人も少なくありません。
そこで、若者を中心に、ビデオ会議サービスを活用した「リモート飲み会」を開く人が増えました。
もともと、このサービスはビジネス用途に開発されたものです。
本来、遠隔で会議するためのツールですが、飲み会にも応用できます。
画面越しに乾杯し、巣ごもりで不足しがちな他者との対話を楽しむことができます。

また、買い物の回数を減らしたいというニーズがあり、食品を長持ちさせるフードテックに注目が集まっています。
具体例を挙げますと、エイジングシートといって、食物を美味しく長持ちさせるシートが話題を呼んでいます。
これは、肉などの食材を包むことで速く安全に熟成できる布状のものです。
シートには人体に無害の毛カビの胞子が付着しており、通常より3倍速く熟成ができます。
熟成させることで、食品の日持ちを長くするのはもちろん、うま味も増します。
現在は肉だけでなく魚にも応用でき、日持ちのしない魚が数週間、美味しく頂けるようになります。

コロナ災害によって、社会は急変しました。

日本経済は、少し前まで外国人観光客を対象としたインバウンドやコト消費が賑わいを見せていました。
ところが、現在、インバウンド消費は大幅に落ち込んでいます。
また、外出自粛の流れでイベントをはじめとするコト消費は影をひそめてしまいました。
そして、コロナ禍が落ち着いた後は、今とは違った状況になると予想されています。
その中、必要とされる能力は、こうした大きな変化をとらえ、適応する力だといえます。(了)

(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)