◆スマート税務行政とは

スマート(smart)とは、活発な、賢明な、という意味で、最近の標語の「超スマート社会」は、
サイバー空間と現実社会が高度に融合した社会として、ロボット、人工知能、ビッグデータ、IoTなどを駆使する未来像のことです。

国税庁は、スマート税務行政の実現に向けてとして、この1月から「チャットボット(chatbot)」の導入を始めました。
チャットボットとは対話(chat)とロボット(bot)という2つの言葉を組み合わせたもので、対話を行うロボットのことです。

◆チャットボットに誘う入口

国税庁のホームページに行くと、チャットボットに誘う入口が案内されています。
現在のチャットボットは試験導入で、電話相談や訪問相談の代替措置として,
税務当局側の人員不足や繁忙期における円滑な対応についての課題解決を図るため、
土日、夜間等の日時にとらわれない相談チャネルとして、導入するものとされています。

試験導入では、令和元年分の所得税の確定申告のうち、医療費控除や住宅ローン控除、
ふるさと納税などの各種控除を中心に、給与収入や年金収入がある方の「よくある質問」に対応しています。

◆税務相談を担当している「ふたば」

「ふたば」という名前のついたチャットボットの画面では、次のように展開されて行きます。

①アイコンをクリックするとチャットウィンドウが開く。
②チャットウィンドウに質問を入力すると、AIが自動回答する。
③適切な回答ができないような質問をされた場合は、
AIからチャット上にメニューボタンが複数表示されることによる逆質問で、質問内容を補完する。

今後は、相談事例を蓄積して、回答範囲を拡大していく予定としていますが、
ロボット自身も、自己学習を積み重ねていくでしょうから、
ゆくゆくはベテランの電話相談員のような対応ができるようになるのだと期待されます。

チャットボットの画面でも、利用者の意見により改善を進め、AI(人工知能)の学習を行うことで、
回答の精度が向上していきます。最初は、うまく答えられない質問もあるかもしれませんが、
温かい目で成長を見守ってください、とメッセージしています。