経費に関する質問が多い理由は

この経費に関するご質問は非常に多いです。この経費について、皆様のご質問の意図や内容をよくよく伺っていると、・漠然と「経費にしたい!」という考え(私達税理士でも同じ) ・経費にできる=得という考え ・「経費にできる」という言葉の一人歩き のような状況が見受けられます。 ここでは、経費についてよく理解されたい方は読み進めてください。 そうでもない方はほかのQ&Aの記事をご覧ください。
Q&A 経費ってどこまで認められるの?
Q&A ネイルは経費にならないのでしょうか
Q&A 飲食(レストラン、居酒屋、クラブ、キャバクラなど)の経費ってどこまで認められるの?
Q&A 飲食(レストラン、居酒屋、クラブ、キャバクラなど)の経費ってどこまで認められるの?
Q&A美容師の税金や経費について教えてください
Q&A 不動産賃貸業の税金や経費について教えてください
Q&A執筆業(ライター)、漫画家などの税金や経費について教えてください
Q&A カウンセラー、占い師、セラピストの税金や経費について教えてください

 

経費について理解するステップ

経費については 1そもそも経費にする、という意味 2事業の内容によるとは 3法人or個人のちがい 4事業関連割合による自己否認の4段階で考えるといいと思います。  

今回は、1そもそも経費にする、という意味

1そもそも経費にする、という意味について。経費にしたいとか、経費にできる、経費にできないというのは、抽象的で、その人によって意味が変わります。(この辺りはQ&Aのとおり)  「税理士や会計事務所に聞いたことがあるが忘れた」とか、「結局はっきり理解できない」ということで何度聞いてもわからない、ということもあります。 ここでは、個人事業主→法人→その他の場合の順で簡単に確認します。 

個人事業主 経費にする=利益を圧縮する=税金が少なくなる

個人事業主の場合この構造があるので経費にしたくなります(法人も基本的に同様)。 

法人の場合

法人の場合には経費にする=利益を圧縮、とならないこともあります。これは、もう一段階、損金算入できる/できないという問題があるため、「会計上は経費」としていも「税務上は経費として認められない」ということが起きることがあります。(詳しくは別記事で) なので、法人の方(社長や経理の方)は、 「これって経費になる?」といったような聞き方よりも 「損金算入できる?」というほうが合っていると思います。(あくまでも税務上の話です。)

利益アップ、コストダウン

 

その他の場合

そのほかにも、「これ経費で落ちるからここは俺が払うよ」という食事のシーン。これはおそらく「会社の経費として会社に経費申請(精算)することができる」という意味だと思います。このように経費の概念は千差万別 

この記事のポイント

★経費=利益圧縮=税金が少なく済む★法人の場合には、「損金算入できるか」がもっと大事★「経費」という言葉自体は、意味がたくさんある。適切に使用し、理解しましょう 

次回:「事業の内容による」とは?

____________________________________________________品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。 クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、次世代の会計事務所、税理士 対応業種 製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、 建設(建築、内装、設備)、設計、接客(クラブ、キャバクラ等)のほか コンサルティング、相続、相続税、漫画家、占い師等の個人事業、相続業務 ※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。

お知らせ一覧へ