お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

 

ポイント:経費はかなり広い!だからあえて私的な支出と分けると効果的かも

 

Q.執筆業(ライター)、漫画家などの経費について教えてください。

 

  1. A.個人の場合で一定規模があれば確定申告が必要です。
  2. また、経費についてはかなりの広く認められる可能性があります。
  3. きちんと記録(どう仕事に関係するか)や証拠(レシート)の保存をしておくことやあえて私的なものをきちんと除くことが効果的です。

解説

一定規模の場合には確定申告が必要です。

確定申告については別記事でご紹介します。

 

無から有を創り出すこれらの業種の方については、かなり広く経費に認めらえる可能性があると考えられます。

 

具体的には、アシスタントに外注する外注費、執筆の参考になる物、参考になる場所への旅費、

業務に専念するためのホテル代などのほか、以下のようなものも該当すると考えられます。

例えば

大阪に住んでいる小説家が、次回は港を舞台にした小説を書くために横浜周辺のホテルに泊まったり、食事をしたりする、
仙台に住んでいる漫画家が下町を舞台にした漫画を描くために大田区蒲田に取材旅行に行く、など考えられます。
ほかにも、書籍や他の著者の漫画、ゲーム、ジオラマ、ラジコン、といった一般的には趣味娯楽とされるものも認めらえる余地があると考えられます。

 

じゃあなんでも経費として認められるか

「可能性の話になるなら何でもかんでもいいのか」となってしまいます。

しかし、プライベートが0%の人間なんていません(多分)。

そのため、飲食代でもすべて経費として処理するのではなく、

あえてきちんと
「この日は単に食事をしただけだから経費にしない」
「この日のお店は自分でなく相手が決めたから経費にしない」など

“何かしらの基準をもって、あえて自分からプライベート部分を除く”
というようにしたほうが、それ以外の経費性を主張するのに役立つと思います。



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。