お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

 

ポイント:面貸しの場合には申告しましょう!私服は厳しいか…。

 

Q.美容師の税金について教えてください。

 

A.面貸しで美容師をしている場合には確定申告が必要です。私服代は基本的には厳しいです。

 

解説

美容師さんの場合、

従業員である美容師としてお給料をもらっている場合
と、
面貸しで美容業行っている場合
があると思います。
基本的には確定申告は後者の場合に関係があります。

面貸しの場合には確定申告が…

経費は?

また、経費としては交通費などのほか、器具代(ハサミ、砥ぎ料金など)、
材料代、一部負担している家賃や設備の利用料、雑誌代、講習(セミナー)代などが該当します。
ほかにも該当する経費はありますので、税理士に相談することをお勧めします。

ハサミはもちろんほかの道具も

 

私服は?

美容師さんにとっておしゃれな私服は仕事に必要な経費です。
それによって売り上げにも影響することでしょう。

しかし、
「私服」=「プライベートでも使うものですよね…?」というのが税務署側の基本的な考え方です。

 

例えば、美容師としての仕事の時しか着ない服であって、
それをほかの私服と分けていて保存、管理している、
その証拠として写真も記録(いつ買って、いつ着て、いつプライベートに着た)などがあれば一部は認められるかもしれません。

が、めんどくさいですし、おしゃれな私服はプライベートでも着たいですよね。

 

経費に限らず、躍起になって1円でも安くしようとすると
結果として、本業に支障が出たり、思ったよりコストパフォーマンスが悪かったりします。



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。