お客様からの質問やお問い合わせの多い事柄について、なるべくわかりやすく回答していきます。

 

ポイント:事実を大切に!関連性を持たせよう!

 

Q.前回までの内容はわかりましたが、一人で行く飲食でも経費になることはないのでしょうか。
Q&A 経費ってどこまで認められるの?
Q&A ネイルは経費にならないのでしょうか

 

  • A.なることもあります。

 

解説

前回までの解説のとおり、事業関連性=売り上げにつながるかという観点が大切です。

単に一人で食事をするだけなら難しいですが、関係のある業種の方であれば経費となりうります。

 

 

例えば

例えば、飲食店経営者、ブロガー、料理研究家などはもちろんのこと、
雑誌編集者、漫画家など、創作や研究に関わる業種の方もかなり可能性高いと思います。

ほかにも、建設業、内装業でも、飲食店の建築、内装、設計に携わっていたり、携わる予定で、
似たような店舗を定期的に回っている、といった状況であれば経費となりうると考えられます。

クラブやキャバクラなどであれば接客業の方、ファッション関係、マーケティング、コンサルティング業…などなど、
単純に「この支払は経費がOK/NG」といったことはないので、税理士に相談するといいと思います。

 

そして、

「関連がある=売り上げにつながる活動に必要な支払いである」ということを証明できるように

することがいいと思います。

例えば、レポート(メモ)を書いておく、写真を撮っておくなどしておくと良いです。



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。