お客様やお問い合わせの多い質問について、なるべくわかりやすく回答していきます。

 

ポイント
売り上げにつながるの?従業員のために払える?

 

Q.経費ってどこまで認められるのでしょうか。

 

A.「行っている事業に関連している経費のうち関連している割合分」
と理解するのがいいと思います。

もっと簡単に言えば
「売り上げにつながる支払か」という観点で考えるといいと思います。

 

 

解説

▼売り上げにつながる?

基本的には「その事業に必要なもの」が経費になります。

例えば、お客様の接待でいく料亭やキャバクラなどの飲食代、
ゴルフなどの遊興代は経費になるでしょう。これは「それが次の仕事につながる」から。

でも同じ料亭、キャバクラ、ゴルフに法人の社長や社長家族が行っていたら、
それは「次の仕事につながる」と言えるかというと…。

 

▼従業員のために払える?

このような話になると、

「おれがジムに行くのは見た目を良くして清潔感を出す、営業のためだ!」

「このセミナーは将来の仕事につながるんだ!」

などという疑問がでてきます。
このような時も使える“問い”があります。

 

「それ、自分の雇っている従業員のために払いますか?」

 

例えば、
「仕事のためにネイルしたんで経費にしてください」と言ってきたら…
「家で明日の仕事のためにいい布団買ったんで経費にしてください」と言ってきたら…



品川区五反田で、中小企業のパートナーとして、共に未来を描くことを使命としている会計事務所。
クラウド会計(MFクラウド、freee)、担当者変更なし、税理士が直接担当するなど、
次世代の会計事務所、税理士を標榜
対応業種
製造業、卸売業、輸出入、飲食店、不動産賃貸、不動産売買、IT、
建設(建築、内装、設備)、設計、接客のほかコンサルティング、相続、相続税、漫画家、
占い師等の個人事業、相続業務
※一般的な内容を記載しております。実際の申告に際しては税理士にお尋ねください。